テーマをCocoonに変更しました!

アドセンスタグ等の広告をショートコードに登録する

アドセンス等の広告を記事の本文中に入れたいのが一番の目的です。
別に記事を投稿する際にそのままソースタグを入れても良いけど変更する場合は厄介なのでショートコードにしておくと
後あと(functions.php)に書いたソースタグを変えれば今まで本文中に入れた広告が全部変わるので便利です

今回は下のように本文中に表示させています。

20140226194738

アドセンスタグ等の広告タグをfunctions.phpに書き加える

前から言ってるように説明がヘタクソで面倒なので簡単にコピペで出来る私のやってるソースを貼り付けて置きます。

20140226200355上の画像を参考に自分のアドセンスIDに書き換えてください

function showads() {
    return '<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-68";
google_ad_slot = "994687";
google_ad_width = 468;
google_ad_height = 15;
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>';
}

add_shortcode('adsense', 'showads');

これだけで十分分かりますよね。

google_ad_slot
google_ad_width
google_ad_height

この3か所だけ書き換えるだけです。
その書き加えたソースを(functions.php)の下の方にでも貼り付けて下さい。
何か問題あるといけないのでfunctions.phpはバックアップしてくださいね。

後は記事の本文中の好きな場所にショートコードを入れるだけでOKです。
因みに私は以下に入れてみました上手く表示されてますか
スポンサードリンク
[adsense_2]

[adsense]

それではもう1つ記事の本文中とは別にPHPのファイルに書く場合です。

例えばstinger3だと(footer.php)とか(single.php)とか(side.php)など色々ありますがそのファイルに書いて呼び出すソースタグは以下です。

<?php echo do_shortcode('[adsense]'); ?>

上のソースタグを入れるだけで表示されます。

複数登録したい場合は以下のように好きな名前に書き換えればOKですよ。

3か所だけですねー。見て頂ければ分かると思います。

function showads_2() {
    return '<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-6807";
google_ad_slot = "2246";
google_ad_width = 468;
google_ad_height = 60;
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>';
}

add_shortcode('adsense_2', 'showads_2');

この場合は以下のソースを貼り付ければOKです。

<?php echo do_shortcode('[adsense_2]'); ?>

こんな感じで終わりにしますが分かりづらい場合はすみません。

色々AddQuicktagに登録しておけば楽ちんですよ
AddQuicktagはこちらに書いてます

最後に前回書いた絵文字やデコモジの表示場所の件ですが位置を修正したけど上手く表示されてるかな

stinger3のstyle.cssの以下を修正してみました。

/*—————————-
各コンテンツの最大サイズを制限
—————————–*/

.kizi img, .kizi .wp-caption, textarea {
margin-bottom: 20px;
height: auto;
max-width: 100%!important;
}

上のこの
margin-bottom: 20px;
を1pxに変えました。

 

コメント

ブログ管理者などによく売れてる本です